週刊文春へのタレコミ金額はいくら?報酬が少なすぎるとSNSで炎上!?

政治家や芸能人のスキャンダルネタを主に取り扱っている、週刊誌の週刊文春

そんな週刊文春ですが、スキャンダルネタなどの情報を提供して記事となった際、報酬はいくらもらえるのでしょうか?

今回の記事では

・週刊文春の概要

・週刊文春へタレコミした際にもらえる報酬金額

・実際にタレコミした人がもらった報酬金額を暴露

・SNS上の反応

についてまとめた内容を紹介していきます。



目次

週刊文春の概要

週刊文春
週刊文春の概要

創刊日:1959年4月

出版社:文藝春秋

種別:情報週刊誌

発売日:毎週木曜日

記事内容:政治家、芸能人のスキャンダルなど

週刊文春は、おもに有名政治家や芸能人などのスキャンダルを取り上げて記事にしている週刊誌です。

また、凶悪な殺人事件や社会事件などを取り上げることもよくあります。

近年では、この週刊文春にスクープされてしまったことで、問題が世間に明るみになってしまうことを

文春砲

とも呼ばれていたりしますね。

赤慶

文春砲をくらった著名人は、だいたい活動休止などに追い込まれている印象ですね…

週刊文春へのタレコミ報酬金額はいくら?

報酬金額

週刊文春では、一般人の方が芸能人とのスキャンダルをタレコミした内容を書くことも多いです。

  • 小室哲哉 × 女性看護師との不倫疑惑
  • アンジャッシュ渡部建 × 多目的トイレで不倫
  • 松本人志 × 性加害疑惑

上記の文春砲をくらった著名人の方々は、軒並み芸能活動を休止に追い込まれるほどの事態となっています…

これほどの影響力を持つ週刊文春ですが、スキャンダル情報をタレコミして記事となった際の報酬金額はいったいいくらもらえるのでしょうか?

報酬は支払っていない?

週刊文春へタレコミをして記事となった際、もらえるとされる金額ですが

一銭もお支払いしていません

元週刊文春編集長である木俣正剛さんが過去にインタビューで回答をされていました。

木俣正剛
元週刊文春編集長の木俣正剛さん

私は女子大で教えていますが、学生たちに「週刊誌にネタを売り込んだらいくらになるでしょう?」と質問すると たいてい「10万から30万円」と答えが返ってきます。正直に言いますが、実は一銭もお支払いしていません。そう伝えると、皆さんが「エッ?」という顔をします。

DIAMOND ONLINE
赤慶

まさか報酬を支払っていないということには驚きました

しかし実際に週刊文春へタレコミをした人が、週刊文春から報酬金額をもらったことをSNSで投稿していました。



【画像】週刊文春へタレコミをした人がSNSで金額を暴露!

週刊文春へタレコミをした方が、週刊文春からもらった報酬金額を明細書付きでSNSに投稿されていました。

タレコミをした人は、あのアンジャッシュ渡部建とのスキャンダルを起こした本人のようです。

そのときの気になる報酬金額ですが、約11万円でした。

※実際はタレコミをした知人がSNSにて投稿をした内容です

支払明細書
LINEスクショ
赤慶

明細書に『週刊文春』と記載がされているので、お金の支払いがあったことは間違いなさそうですね

報酬ではなく、『謝礼』?

謝礼

週刊文春へタレコミをした人が、実際に週刊文春から報酬を受け取っていたことがわかりました。

しかし、週刊文春からの支払い明細書と思われる内容には

取材協力謝礼

という形で記載がされていることがわかります。

支払明細書

元週刊文春編集長である木俣正剛さんも

情報には金銭は支払えません

という文言をインタビューにて答えていました。

ですから編集部では、最初に「情報をいくらで買ってくれるか」と聞かれた段階で、「情報には金銭は支払えません」と答えます。

DIAMOND ONLINE

つまり言い換えると、情報提供による報酬ではなく、取材に協力してくれたことによる謝礼金は支払っているケースがある、という捉え方になるのかもしれないですね。



SNS上の反応

SNS上では、週刊文春へのタレコミによる報酬(謝礼)金額について

コメント

・安い!もっともらえるものだと思ってた!

・”報酬”ではなく”謝礼”という扱いになるのか

・文春にタレコミしてお金を受け取るのは、どんな気持ちなのだろう…

といったコメントが見受けられました。



まとめ

今回の記事では、週刊文春へのタレコミによってもらえる報酬(謝礼)金額について主にまとめた内容を紹介させていただきました。

タレコミの内容やスキャンダルの規模によっては、1人の著名人を地獄にまで突き落とすとも恐れられている週刊文春の文春砲。

この報酬金額は安いのか、高いのか、それとももらうべきではないのか…

人によっていろいろな意見に分かれるかと思われる事案ですね。。

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次