【場所どこ】相模原市の矢部駅近くで強盗致傷事件発生!犯人の特徴は!?



1月17日の午後9時前ごろ、相模原市のJR矢部駅近くの路上で強盗致傷事件が発生しました。

今回の記事では

・相模原市で起きた強盗致傷事件の概要

・強盗致傷事件が起きた場所

・強盗致傷事件の犯人の特徴

・強盗致傷事件現場の画像

・SNS上の反応

について、調査した内容をまとめました。



目次

相模原市で起きた強盗致傷事件の概要

相模原市強盗致傷事件

1月17日の午後9時前、50代の男性が自転車に乗った2人組の男に刃物でお腹を刺される事件が起きました。

男性は持っていた現金20万円を盗まれましたが、命に別条はないとのことです。

現在犯人は逃走中であり、警察は強盗致傷事件とみて犯人の行方を追っています。

17日午後9時前、神奈川県相模原市のJR矢部駅近くの路上で、帰宅途中の50代の男性が自転車に乗った2人組の男に刃物で腹を刺され、現金20万円を奪われました。男性は命に別条はないということです。
警察は強盗致傷事件とみて逃げた男らの行方を追っています。

日テレNEWS

強盗致傷事件が起きた場所はどこ?

矢部駅

強盗致傷事件が起きたのは、神奈川県相模原市にある

JR矢部駅近くの路上

で、駅から北東に1kmほど離れた住宅街であるとのことです。

具体的な場所については、判明できなかったため

情報が分かり次第、更新していこうと思います。



強盗致傷事件の犯人の特徴は?

相模原市強盗致傷事件
犯人の特徴

性別:男

年齢:20代くらい


格好:黒っぽい服装

状況:自転車に乗っていた2人組

所持:刃物

容疑:強盗致傷

強盗致傷事件を起こした犯人は、20代くらいの男2人組です。

事件当日は黒っぽい服装で自転車に乗っており、刃物を所持していたとのことです。

1月18日午前1時現在、犯人は逃走中とのことなので近隣にお住まいの方はご注意ください

追記:強盗致傷事件は、被害者による自作自演だった!

相模原市強盗致傷事件

1月17日の夜に相模原市の路上で起きた“強盗致傷事件”ですが、なんと

通報した被害者の自作自演

であったことがわかりました。

被害を受けたとされる50代の男性は自転車に乗った2人組の男に現金20万円を奪い取られたあと、腹を刃物で刺されたと説明していましたが、この説明がウソであったことがわかりました。18日朝になって入院している男性から「ウソをついていました」「ナイフは捨てました」と警察に電話があったということです。

日テレNEWS
赤慶

これはお騒がせにも、ほどがありますね…!!

男性は、自らで腹にナイフを刺したとみられており、警察は男性に対して偽計業務妨害の疑いも視野に入れています。



【画像】強盗致傷事件が起きた現場

相模原市強盗致傷事件
相模原市強盗致傷事件
相模原市強盗致傷事件
相模原市強盗致傷事件



SNS上の反応

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次